読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<CD>David Matthews Orchestra:GRANDCONNECTION

Release:1983 King record

 

1.Begin the beguine (C.Porter)

2.Soft and Funky (D.Matthews)

3.Shuffle (D.Matthews)

4.E.T. (J.Williams)

5.Suger (S.Turrentine)

6.Sails Of Your Soul (G.Washingoton Jr.)

 

Arrenged and Conducted

David Matthews

 

Player

David Matthews

(Electric piano,Acoustic piano) 

George Young

(Alto sax,Flute)

Grover Washington Jr.

(Tenor sax,Soprano sax)

Gerry niewood

(Tenor sax,Flute)

Roger Rosenberg

(Baritone sax,Flute)

Joe Shepley

(Trumpet,Flugelhorn)

John Gatchell

(trumpet,Flugelhorn)

Sam Burtis

(Trombone)

Fred Griffen

(Frenchhorn)

Tony Price

(Tuba)

Earl Klugh

(Accoustic Guitar)

Paul Metsky

(Electric Guitar)

Georg Wadenius

(Electric Guitar)

Mark Egan

(Electric Bass)

Jimmy Madison

(Drums)

David Charles

(percussion)

 

Recorded Dec. 1&15 1982

at A&R studio N.Y.C

 

Executive producer:Shigeyuki Kawashima

 

所有版データ:KICJ 2374

2014年発売

Electric Bird ベストセレクション1000

2014年 24bitリマスタリング

新規ライナーノーツ付き

 

帯などにはフューチャリング・グローヴァーワシントンワシントンJr&アールクルーとは書いてあるがあまりアールクルーはフューチャリングされている気がしない。どちらかと言えばグローヴァーワシントンJrのフューチャリングアルバムとして聞くのがいいだろう。

(最初のビギンザビギンだけアールクルーがフューチャーされている。)

アールクルーは同じくデビッドマシューズオーケストラの「デルタシティ」でたっぷりフューチャーされているのである意味正しい選択なのかも。

 

サウンドはデヴィッドマシューズのギルエヴァンスよろしくチューバやホルンの入った厚みのあるビックバンドジャズのサウンドで、これまたカッコいいのです。

あまりネット上でも感想を見ないのですが、結構ノリよしサウンドよしのアルバムだと思っています。