<CD>David Matthews Orchestra:GRANDCONNECTION

Release:1983 King record

 

1.Begin the beguine (C.Porter)

2.Soft and Funky (D.Matthews)

3.Shuffle (D.Matthews)

4.E.T. (J.Williams)

5.Suger (S.Turrentine)

6.Sails Of Your Soul (G.Washingoton Jr.)

 

Arrenged and Conducted

David Matthews

 

Player

David Matthews

(Electric piano,Acoustic piano) 

George Young

(Alto sax,Flute)

Grover Washington Jr.

(Tenor sax,Soprano sax)

Gerry niewood

(Tenor sax,Flute)

Roger Rosenberg

(Baritone sax,Flute)

Joe Shepley

(Trumpet,Flugelhorn)

John Gatchell

(trumpet,Flugelhorn)

Sam Burtis

(Trombone)

Fred Griffen

(Frenchhorn)

Tony Price

(Tuba)

Earl Klugh

(Accoustic Guitar)

Paul Metsky

(Electric Guitar)

Georg Wadenius

(Electric Guitar)

Mark Egan

(Electric Bass)

Jimmy Madison

(Drums)

David Charles

(percussion)

 

Recorded Dec. 1&15 1982

at A&R studio N.Y.C

 

Executive producer:Shigeyuki Kawashima

 

所有版データ:KICJ 2374

2014年発売

Electric Bird ベストセレクション1000

2014年 24bitリマスタリング

新規ライナーノーツ付き

 

帯などにはフューチャリング・グローヴァーワシントンワシントンJr&アールクルーとは書いてあるがあまりアールクルーはフューチャリングされていない。どちらかと言えばグローヴァーワシントンJrのフューチャリングアルバムとして聞くのがいいだろう。

アールクルーは同じくデビッドマシューズオーケストラの「デルタシティ」でたっぷりフューチャーされているのである意味正しい選択なのかもしれない。

 

サウンドはデヴィッドマシューズのギルエヴァンスよろしくチューバやホルンの入った厚みのあるビックバンドジャズのサウンドで、これまたカッコいいのです。

あまりネット上でも感想を見ないのですが、結構ノリよしサウンドよしのアルバムだと思っています。

 

 

<CD>村松健:紅 kurenai サウンドトラック

2008年 ランティス

 

[Disc1]-emotional side-

1.祈り続ける *

2.路地裏のハレルヤ*

3.ふたつのこころ

4.悲しみは胸の奥に

5.リアリティ

6.忘れ得ぬ想い*

7.誰かが君を待っている ~夕暮れの街で

8.泣きつかれて

9.無限の海を行く*

10.はかない夢 ~遠い記憶*

11.雨上がりを歩けば ~まだ見ぬ世界

12.家に帰ろう*

13.Dano de fado-運命の悪戯-*

14.Dano de fado ~ひとりきり

15.感傷的な即興曲

16.レクイエム ~傷付いた身体

17.胸のあかし-再会-*

18.胸のあかし-約束-

19.Ending ~切ない別れ

20.New days

 

[Disc2] -swingin' side-

1.雨上がりを歩けば

2.渡り鳥の目指すところ

3.Surf song ~追い風をうけて

4.あしたの虹

5.Livremente ~思い通りに

6.Livremente ~小さないたずら

7.炎のように

8.森に潜むもの

9.はかない夢 ~ムラサキの印象

10.家に帰ろう ~手をつないで

11.Timinig!-幸せのタイミング-

12.誰かが君を待っている

13.庭の椿

14.夜風-Night breezin’-

15.胸騒ぎのワルツ

16.譲れないもの ~勇気

17.逃れられないもの ~邪気

18.水平線のむこうに*

19.きた道、ゆく道

20.きた道、ゆく道 ~道弾き三線~

 

Player


村松健
(Piano Drums 三線 Percussion)

安藤浩司
(Wood Bass ウクレレ)

折笠満
(ViolinCello)
折笠美知子
(Violin)
折笠満ストリングスクラブ
(Strings)

録音:StudioKeenMoonZone
フォレスト・イン昭和館
ガーデンチャペル(弦楽セッション)
2007.12月~2008.4月

今回は弦楽が混ざっている音楽には「*」を付けてみました。

 

このCDは自分にとって、音楽とはメロディアスであるべきと強く心揺さぶられた名盤であります。ここまで楽器を歌わせているのにBGMとしても映像の邪魔をしておらず、むしろ作品と自然に融合しあうのはある意味凄いなと思います。

 

どこまでも深い闇に包まれるような[Disc1]

「Dano de fado-運命の悪戯-」からはじまる人生における物悲しさと将来の希望と言う両サイドを歌うような7曲が心に染み渡ります。

 

日常をさらに彩どるような[Disc2]

水平線のむこうには"例"のお話で使われた曲です。個人的は「きた道、ゆく道」が何とも鄙びた(?)もしくは侘しさとでもいうようなサウンドが好みです。

 

 

<CD>村松健:オーガニックスタイル 海と森のあいだ

Ken Muramatsu:Between The Forest&The Ocean

2007

 

Side森

1. バックウォーター

Ken Muramatsu:Steinway Piano
Isamu Takahashi:Oboe
From「おいしいお茶の入れ方」(1988)

2. 森へ行こうよ

Ken Muramatsu:
Steinway Piano NY model & all Instruments
From「水の中のピアノ」(1995)

3. 夢虫に逢いたくて(新録音)

Ken Muramatsu:
fender rhodes 1971 & Voice
hiroji Andou:Wood Bass

From「ひかりの春」(1996)

4. KOMOREBI―leaves of summer

Ken Muramatsu:Steinway Piano
Kikuji Konno:Alto Sax
From「+Blue」(1984)

5. 水の中のピアノ

Ken Muramatsu:
Steinway Piano NY model & all Instruments
From「水の中のピアノ」(1995)

6. グリーン・シャワー

Ken Muramatsu:
Steinway Piano & all Instruments
Yoichi Okabe:Percussion
kenichiro Yoshioka:Bass
Kiyotsugu Amano:Guitar
From「緑の想い」(1985)

7. ジャコウアゲハの童謡 ~6月

Ken Muramatsu:
Grotrian Steinway Piano & Voice
From「カレンダー~ぶどう畑のぶどう作り~」(1987)

8. 悲しいほどのムラサキ

Ken Muramatsu:bosendorfer Piano
Kukkai's Morning Call
From「ささやくように、祈るように」(1992)

9. 森のピアノ~Voice in the wood~

Ken Muramatsu:Bosendorfer Piano
From「夢の扉~bell of my heart~」(1994)

10. いつか森の中で

Ken Muramatsu:
Steinway Piano & all Instruments With Strings
From「緑の想い」(1985)

11. 雪どけ水
Ken Muramatsu:bosendorfer Piano & Voice
From「フィールド・ソング」(1989)

12. A Quiet Place -in the whispering snow -

Ken Muramatsu:
Steinway Piano NY model & all Instruments
From「雪催~ゆきもよい~」(1996)

 

Side海

1. 瞳の中の夕なぎ

Ken Muramatsu:
Steinway Piano NY model & all Instruments
From「水の中のピアノ」(1995)

2. 海につづく小径 ~5月

Ken Muramatsu:
Grotrian Steinway Piano & Voice
From「カレンダー~ぶどう畑のぶどう作り~」(1987)

3. A BRAND NEW SEA

Ken Muramatsu:
Bosendorfer Piano & all Instruments
kiichiro Akui:Ult-Sound(Synthesizer)
Yukihiko Kanda:Viola
From「SWIMMIN'」(1991)

4. クジラと泳ぐ日

Ken Muramatsu:
Bosendorfer Piano & Voice Percussion
Mitsuru Orisuru:Cello
From「夏休みの宿題」(1990)

5. 輝く水、そらへ

Ken Muramatsu:
Steinway Piano NY model
From「水の中のピアノ」(1995)

6. SWIMMIN’
Ken Muramatsu:
Bosendorfer Piano & all Instruments
Andy Narell:Steel Pan
From「SWIMMIN'」(1991)

7. 朝なんぎいの唄~南行きの小船の上で~

Ken Muramatsu:
Bosendorfer Piano & all Instruments
Kiichirou Akui:Snare Brush
From「SWIMMIN'」(1991)

8. 海にいます(新録音)

Ken Muramatsu:
Steinway Piano NY model

From「お天道さまのゆうとおり」(1999)※原版はビクター

9. ANGE DE SIESTE

Ken Muramatsu:
Bosendorfer Piano & Percussion
Yukihiko Kanda:Viola
From「SWIMMIN'」(1991)

10. 出逢いと別れ

Ken Muramatsu:
Steinway Piano & all Instruments
Yoichi Okabe:Percussion
Kenichiro Yoshioka:Bass
From「緑の想い」(1985)

11. 浜木綿(新録音)

Ken Muramatsu:
Steinway Piano NY model
From「夏のポケットに」(1986)

12. A LONG AFTERNOON-so,we sailed
Ken Muramatsu:
Steinway Piano & Synthesizer Gloken
Taeko Onuki:Voice
Ko Shimizu:Bass
Rikiya Higashihara:Drums
From「+Blue」(1984)

 

村松健のソニー(アルファ)時代のベスト盤。

ここには後期のアルバムが多く収録されているため

村松健の本質であるであろうNew age的要素が詰まっている。

 

のちにソニーの初期アルバムのベスト盤

デビュー当時の流行であったFusion的サウンドが色濃い

GOLDEN☆BEST 村松健~FUSION TRACKsも発売されている。

 

ここには演奏者とアルバム名を記しているが

なんで新録音はアルバム名載ってないんでしょう・・・。

勝手にアルバム用の新曲かと思ってました はい。

 

 

<CD>Miles Davis:Milestones

1958(CD 2006)

 

1. Dr. Jackle

2. Sid's Ahead

3. Two Bass Hit

4. Milestones

5. Billy Boy

6. "Straight, No Chaser"

Bonus Track

7. Two Bass Hit

[Alternate Take]

8. Milestones

[Alternate Take]

9. "Straight, No Chaser"

[Alternate Take]

 

1.2

Recorded in NewYorkCity
at Columbia 30th Street Studio
March 4 1958

3.4.5.6.7.8.9

Recorded in NewYorkCity
at Columbia 30th Street Studio
February 4 1958

 

Player

Miles Davis (Trunpet)
Cannonball Adderley (Alto Saxophone)
John Coltrane (Tenor Saxophone)
Red Garland (Piano)
Paul Chambers (Bass)
Philly Joe Jones (Drums)

<CD>益田幹夫:Corazon

Release:1978 King record

 

1.Corazon (Carole King)

2.Before the rain (Lee Osker)

3.Ride on donkey (Mikio Masuda)

4.Another rainy day in New York City (Robert Lamm)

5.Sanba em praia (Sadao Watanabe)

6.Let's get together (Mikio Masuda)

7.Love Talkin' (Mikio Masuda)

 

--Arranged&Conducted by--
David Matthews


---Player---
Mikio Masuda
(Accoustic&Electtic Piano
 Clavinet Mini Moog )
Anthony Jackson
(Electric Bass)
Bernard Purdie
(Drums)
Sammy Figueroa
(Percussion)
Lani Groves
(Background Vocal)
Diva Grey
(Background Vocal)

Strings(Concert Master/David Nadien)

(Violin6+4 Viola2 Cello2)


Recorded at
Electric Lady Studios New York
Nov11~18 1978

 

所有版データ:KICJ 92316

2009年発売

Electric Bird super fusion selection 20 

SHM-CD&紙ジャケット&24bitリマスタリング

新規&オリジナルライナーノーツ付き

 

益田幹夫のキングレコード・エレトリックバードレーベル ファースト。

キーボード・ピアノetcの主旋律のトリオコンボにファンキーな充実したストリングスセクションとパーカッション,コーラスを加えたかなり独特な編成のアルバム。

1.2.4.6はカバー 3.7.8.は益田のオリジナル(7のレッツゲットトゥギャザーは過去のアルバムにも収録されており違いが楽しめる)。

 

このアルバムのイメージはアルバムのカラーや

曲名にRain(Rainy)と付いているようにどこか雨の日のアンニュイ雰囲気を感じさせるアルバムになっている。

 

エレクトリック・バード的には当時CTIでドンセベスキー、ボブジェームスに続くお抱えアレンジャーであったデヴィッドマシューズと初めて組んだアルバムであり、のちのエレクトリック・バードのNY発作品の数々、はたまた今も脈々と続くMJQ(マンハッタンジャズカルテット)などの一連の流れを築いたという意味では記念碑的作品なのかもしれない。 

<CD> chick corea:return to forever

Release:1972 ECM (CD 2011年版)


1.Return to forever

2.Crystal silence

3.What game shall we play today

4.Sometime ago/La fiesta


Recorded by 1972.2/2.3 at A&R studios New york city

Lyrics by Neville Potter (3.4)

 

Player

Chick Corea:ElectricPiano
Joe Farrell:Flutes SopranoSax
Flora Purim:Vocal Percussion
Stan Clarke:Electric Bass DoubleBass
Airto Moreira:Drums Percussion

 

チックコリア率いる第1期リターントウーフォーエバーの1stアルバム

とにかく独特の透明感が曲にさらなる深みを与えています。

ちなみに当時のLPは1.2.3がA面 4がB面です。

 

 

 

<CD>The Players:GALAXY

GALAXY

The Players

featuring HIROMASA"COLGEN"SUZUKI

 

Release:1979 CBS SONY

 

1.GALAXY

2.IN YOUR MIND

3.UNSWEETENED

4.KALEIDOSCOPE

5.HEAVENLY MAIDEN

6.MAGIC LANP

7.SUNNY SIDEWALK

8.MISTY MOONLIGHT

 

All Composition&Arrangement:鈴木宏昌

Recorded by CBS SONY STUDIO April 1979

 

The Players

鈴木宏昌:acoustic piano, rhodes piano, mini-moog,
arp odyssey, prophet 5
山口真文:soprano saxophone, tenor saxophone
松木恒秀:electric guitar
岡沢章:electric bass
渡嘉敷祐一:drums
穴井忠臣:congas, percussion

Horns Section:Junichi Kanesaka, Ichiroh Nitta (trumpet)
Yasuo Hirauchi, Yoshimi Mita, Sumio Okada (trombone)
Hideo Iguchi (bass trombone)
Strings Section:Strings Tomato

 

所有版データ:SICP-20154 Sony

2009年発売 Blu-spec cd版

2007年DSDリマスタリング

オリジナルライナーノーツあり

 

タモリの今夜は最高のバックバンドをしていた鈴木宏昌が率いるThe Playersの1stアルバム。

 

とにかく今聞いてもかなり洗練されたジャズとロックビートの融合=フュージョン(クロスオーバー)といった形でカッコいいサウンドです。

 

ホーンセクションにはのちのスペクトラムとなるホーンスペクトラムが担当し、切れ味のあるバッキングをしてます これも素晴らしい。

 

ちなみにこのアルバムの大作であるKALEIDOSCOPE はリーダーの鈴木宏昌が担当した東映映画「サーキットの狼」のBGMのリアレンジであり、作品内の2つのBGMを繋げているがそう感じさせない名曲となっている。

さらに付け加えるならKALEIDOSCOPE の後半のアクティブな部分は主題歌シングルのB面「小さな箱の中で」として録音もされた。

興味のある人はコロムビアより発売された同作品のサントラで確認してみて下さい....。

 

もう1つ余談とすればGalaxyも実は前に作曲された曲のリアレンジとなっています。収録アルバムはロック・ジョイント・シタール~組曲 シルクロードガンダーラという曲です。

16ビートのアレンジを知ってると8ビートのアレンジは何処か気だるく聞こえますがそれもご愛嬌ですかね。